2010年 10月 09日 ( 1 )

公開にあたって

僕はロボカップジュニアに6年生から参加しています
いままで続けられたのは、ロボカップをやってこられた方のいろいろな思いや苦労、工夫の詰まった
情報が公開されていたこと、またロボカップジュニアの委員の方々、ノード大会やブロック大会
ジャパンオープン、夏合宿などに携わってこられた関係者の方、メンターの方、保護者の方々のおかげです
・・・ついでに僕の相方も・・相方のロボットに対する思いは熱いです。そんな相方に僕は引っぱられてきました
                                 (ついでかよっ!!って怒られそうwww)
そして、世界大会へ出場させていただいたことは本当にいい勉強になりました
バージョンAを卒業するにあたり恩返しができたらと思い公開したわけですが
今回の公開にあたり、しまっていた資料や、使わなくなった基板を箱から取り出し、改めて考えてみると
ダイセンさんの新しいセンサーやソフトが出るたび便利で使いやすく、リスクも少ないとその度に飛びついて
使っていた自分に気づきました。
そしてまた、こんなことをやらなくてもみんな簡単に出来るようになってしまったんだなぁと・・なんというか・・複雑な感じです
TJ3がここまでになると、工夫するところがどれだけ残っているのだろうと・・・これでいいのかなぁと・・・
僕は今までロボットを作るのに、便利な方を使うことに全く抵抗はありませんでした(苦労して作った基板を捨ててもです)
今でもダイセンさんに対して感謝こそすれ文句はありませんが
今回、情報公開することで、知らず知らずに指導者側の立場で考えている自分にびっくりしています
公開についても、どこまで公開すればいいのか、考え方のみがいいのか具体的なことまで公開するのか、
プログラムのコードまで公開することがいいことなのかと悩みながらの公開となりました。
メンターの方や指導者の方の思いが分かったような気がします(なまいきなこと言ってますね・・・すみません)
公開の内容が不明確だったり説明不足だったり、意味不明だったりした部分も多々あると思います
個別に確認していただけたら説明させていただきますので、遠慮なくコメントください
みなさんお付き合いくださりありがとうございました
今度はバージョンBになります。パルスボールとかコートとか初めてのことでなにも分からない状態です
みなさんこれからもいろいろ教えてください。また、会場でお会いしましたら声をかけてくだされば嬉しいです
これからもどうぞよろしくお願いします

c0198223_1356526.jpgc0198223_1347516.jpg
世界大会のロボットです
      カバーを付けました→ 
[PR]
by apionlego-soccer | 2010-10-09 14:08 | マサ屋の不思議発見