2010年 10月 06日 ( 2 )

その他の機構

ドリブラーについて
僕はタミヤのミニモーターを2つ使いました
タミヤのバイクのタイヤを使っています
ホイルは自作しました
壊れるかもしれないので世界大会には予備を持っていきました
6.6Vかけ、フルパワー、そして相手ロボットとの競り合いで相当負荷がかかっていたと
思われましたが、さすがタミヤ製全く壊れませんでした
c0198223_22165977.jpg
c0198223_22171392.jpg

キッカーについて
よくあるカメラのフラッシュ回路を使いました
(市販のカメラの内部基板を流用しているので、基板自体は自作ではありません)
自作されているロボットもあるようです(すごいです!!僕にはとても作れません)
TJ3のモータでリレーをON・OFFさせています
リレーは耐圧の高いリレーと高耐圧のダイオードを使っています
リレーをONすることで、カメラのフラッシュのキセノン管を光らせ
ソレノイドへ印加するようにしています(FETを使うより壊れません)
c0198223_2217347.jpg

インターネットでいろいろ調べた資料です
c0198223_22431133.jpg

回路図です味覚糖のイーマのど飴の入れ物に入れました
c0198223_22241652.jpg

これがのど飴に入れたものです フラッシュが光るので絶縁テープで覆っています
c0198223_22243221.jpg

[PR]
by apionlego-soccer | 2010-10-06 22:52 | マサ屋の不思議発見

距離センサー

岡山ブロックまでは、ZシリーズのZ1を使いました
4つをひとつにまとめたものです
c0198223_0295155.jpg
c0198223_0301053.jpg

これも増幅回路で電圧を増幅しました
c0198223_0322828.jpg

これは、岡山ブロック大会のロボットのイメージを書いたものです
c0198223_0302561.jpg

データーシート上15センチ以下は値が正しくでてこないようなので
そのためロボットの中央にセンサーを取り付けました
そのおかげてその周りにはなにも取り付けれなくなって、ロボットの
組み立て、他のセンサー類など取り付けが大変でした

pingはデーターシート上3センチ以下は保障されていません
真ん中に取り付けなくてもよさそうなので結局こちらに変えました
c0198223_0304042.jpg

Zシリーズは場所を取らない(小さい)ですが15センチ以下は保障されていません
pingはZに比べ大きいですが、Zより近い3センチまで見れます(あくまでデータシート上ですが)
世界大会は僕が見るかぎりPingが多かったように思います
僕のロボットは気になりませんでしたが・・干渉する問題があったようです
ダイセンさんでpingが簡単に付けれるようになったのでみんなが付けると干渉し合ってしまうかもしれませんね
[PR]
by apionlego-soccer | 2010-10-06 01:11 | マサ屋の不思議発見